読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオの40代からのくじけない婚活

40代でも結婚諦めたくない、体験談や考察を綴っていきます

ほけんの窓口で保険の契約

私が独身時代に契約していた医療保険は都民共済の医療型
これは段階的に医療内容が出区称されていく掛け捨ての保険で、高齢になるとほぼかけてないのと同じくらいの保証しか受けられません
独身時代はそれでもよかったのですが結婚を機に見直すことにしました

世の中では結構医療保険はいらない派の方も増えてきてるそうですが、私はいる派です

まずおんちゃんの保険です

まだまだ若いですし過去の健康診断では特に問題ありませんが、そろそろどこか悪くなってきてもおかしくない年齢です
特にがん保険には絶対に入ってもらいたいのです
逆生命保険には入らなくていいので医療保険の終身で探してもらいました

がん保険を単体で加入するかそれとも特約で付けるか迷いどころですが、春ごろにバカ高い抗がん剤が認可されたのでそれを考慮された方がよいと説明されました
ちなみに認可されてない治療には保険金が下りないとのことです

私の希望をお話したら医療保険とがん保険を別々に入ることになりました
今医療制度だと治療費は月8万までと定められているのでそれが続くと信じて、抗がん剤(ホルモン含む)と放射線治療で月10万
それ以外の病気で入院費1日5000円、手術費も別に出る通常の保険に入りました

15年後に払い終えて終身保証です
モデルケースに近い年齢なので掛け金は私に比べて安めでしたね
これで老後に私が先に亡くなったとしても病気で経済的に困ることはないとおもいます
よっぽどの大病の場合はわからないのですが、そこまで気にしていたら掛け金が大きな負担になってしまいます

自分で勝手に加入していた保険と違って大変ですし、精神的に疲れます
前回と今回で約5時間弱、お店の方と相談しました

あくまでも保険ですから払い損で済めばそれに越したことはありません、何も起こらないのが一番です
仕事を辞めてしまうと健康診断を受けるのがおっくになってしまいますが、毎年必ず受けてもらうようにお願いしました