読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオの40代からのくじけない婚活

40代でも結婚諦めたくない、体験談や考察を綴っていきます

交際二人目 ④ ご挨拶計画

翌日は新宿で待ち合わせでしたけどフライト時刻までそれほど余裕がないので先に空港に向かいました
今日のデートコースは羽田です

友達と会って出かけてきたみたいですが、せっかくの上京してもらったのにそれほど見物にいけませんでした
せめて食事でおもてなししたかったのでお土産を買った後はお寿司を食べに行きました
これで一応おんちゃんの好きなウナギ・肉・寿司は達成できましたけど(笑)

食事をしながらまたもや急展開が

「昨日家に行って話聞いて安心したよ」

「帰ったら親に今日のことを伝えるから、来月こっちに来るときに親と会う?」

「うん、ぜひご挨拶させてもらうよ」

そこまではまだ考えてなかったので少しびっくりでしたけど、早めのお会いしておいた方がいいですからね
でも未経験のことなので自分でもどうしたらいいか・・・既婚者の方に聞いてみよう

それから彼女が家に帰ってからメールをもらいました
どうやらびっくりしたのは私だけではないようです
まさかの急展開に親御さんも驚いたそうです
とにかく来月行って一度お会いしなくては

これからの1か月間は質問されることのシミュレートを何度もしました
親御さんからしたら聞きたいことは山ほどあるでしょう
付け焼刃は見抜かれてしまうでしょうから普段から心がけている態度で臨もうとおもいます

あとは準備ですが、スーツは普段着ないけど一応ある
まさかいきなり結納ということはないだろうけど念のため一応用意しておこう
会社案内と毎度のサンプル品
こんなところですかね、これで5月が終わりです

少々不自然な速さで話が展開しているようにおもわれるかとおもいますが、1か月間に電話で話した内容は記事にしていないのでご理解ください

これは遠距離ならではというか本来なら会って話すようなことも、一か月単位でどんどん伸びてしまうので大事な話も電話で話し合うことが多いのです

この時も上京したらある程度方向性を決めるつもり的な話は出ていたのです
記事にしているのは会ったときの出来事が主な内容です

次の記事でリアルタイムにほぼ追いつきます

 

関連記事

交際二人目  ①  彼女の誕生日

交際二人目  ②  彼女からの提案とパートナーズその後

交際二人目  ③  彼女が東京に来てくれました

交際二人目  ⑤  ご挨拶当日、結婚へ向けて

交際二人目  ⑥  結婚準備(購入予定の家具家電)